肌においしい体操

みなさんは
いつまでも若さを維持する
為に何か取り組んでいる
ことってありますか?

肌に良い成分が含まれた美容液を
使ったりだとか、
美容に効く栄養を含んだ
サプリメントを摂ったりとか。

色々な方法がありますよね。

今回はいくつもある
アンチエイジングの方法の中でも
お金をかけずタダで出来ることを
紹介したいと思います。

以前私が仕事で知り合った
方がいるのですが(ここではKさんとします)、
その方は年齢の割にすごく若々しく
見える方でした。

Kさんは実際40代の方なんですが、
30代前半くらいに見えましたね。

それで、ある時仕事仲間達と一緒に
食事をする機会があったんですが、
その時Kさんも来ていました。

そして食事会も良い感じに進んで、
場が和んできたくらいの時に
失礼にならないように、
さりげなく聞いてみることにしました。

私「Kさんはすごく若々しくて素敵ですね。
  普段何か特別なことでもされてるんですか?」

Kさん「ん~、他の人がやってることととそんなに
    変わらないと思うよ。何もやってないよ。」

という感じではぐらかされそうになったんですが、
なんとかそれとなく聞き続けてみたら(←しつこい男は嫌われますね)、
ようやく一つの情報を得ることが出来ました。

で、気になるKさんが普段から行っていることなんですが、
それは、
”ベロ回し体操”
ということでした。

実は私、このベロ回し体操のことは
テレビで見たことがあって以前から
知ってはいたんですよね。

でも、面倒だなと思って
特に自分でやることはなかったんです。

ただ、今回Kさんの話(実体験)を聞いて、
ベロ回し体操って効果あるんだなぁと
改めて思い直したんですね。

Kさん曰く、
テレビで放送される前よりも
ずっと前からやっていた
とのことでしたので、
日々やり続ける必要があるのかな
とも思いました。

その時はKさんに
なんでベロ回し体操をやり始めたかは
聞けませんでしたが。

このベロ回し体操なんですが、
ちょっと調べてみると、
顔を老けて見えさせてしまう、
ほうれい線によく効くらしい
とのことでした。

なるほど、そういえば
Kさんもほうれい線がすごく薄くて
それで若々しく見えたのかなと
納得というか合点がいきました。

で、この出来事があったのが、
ちょうど半年くらい前のことでした。

そこから、私もやってみようかなと思って
ベロ回し体操を始めたのがきっかけです。

やり方は簡単で、
円を描くようにして舌を歯茎に沿わせながら
ぐるぐると回していくだけです。
この時口は閉じた状態です。
また、時計回りと反時計回りそれぞれ行います。

私は最初の頃はまだ面倒な気持ちがあったので、
1日30回くらいしかしてなかったのですが、
だんだん慣れてきて、
今では一日朝晩合わせて100回くらい行っています。

これから始めるのなら、
朝と晩それぞれ30回ずつくらいやるのが
続けていきやすいのかなと思います。

もちろんそれ以上でもOKですが、
大切なのは毎日続けていくことですから、
張り切って何十回もやって三日坊主にならない
ことが重要ですね!

さて、私がベロ回し体操を始めて
今半年くらい経ちますね。

その気になる効果なんですが、
30歳を越えて若干口周りにたるみが
出てきたかなぁ、と感じていたんですが、
(ちょっとシワッとした感じです。伝わりづらくてすみません)
そのたるみが見た目にも分かるくらい
改善しましたね!

特に朝なんですが、以前は朝起きて
鏡で見てみると口周りがなんだか
老けた感じだったんですが、
それが今はほとんどなくなりましたね♪

ベロ回し体操恐るべしです。

けっこう有名なエクササイズなので、
知ってる方も多いとは思いますが、
実際にずっと続けている人の体験談的なものは
そんなに多くはないなという感じなので、
今回の記事が是非参考になればうれしいです。

ベロ回し体操、オススメですよ(^^♪

あと、私がベロ回し体操を続けるもう一つの理由がありまして、
私はまだそんなにほうれい線自体はないんですが、
これを予防するという意味でも続けています。

まさにアンチエイジングならぬ、ストップエイジングですね♪

いつまでも若々しくいたいものですよね。

なので今まだ若い方にも是非オススメするエクササイズです。
ちょっとした空き時間とかに出来るのもグッドポイントですね。
(さすがに周りに人がいる状況だと厳しそうですが)

さて、今回はベロ回し体操について個人的な体験も含めて
ご紹介しましたが、今後もこういった感じで
アンチエイジングに役に立ちそうなものがあれば、
実践&体験記という形でご紹介していければいいなと思います。

それでは今回はこのへんで。
ではまた!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ